汎用旋盤


汎用普通旋盤

瀧澤鉄工所の汎用旋盤TSL-550です。
この機械は私と同い年なので、約半世紀近く稼働している

機械になります。

昭和~平成~令和と時代を生き抜いてきた戦友ですかね(笑)

旋盤は主に丸い部品を加工する際に使用致します。

丸材をチャックと呼ばれる部分で固定をして、その被削材を

主軸で回して、バイトと呼ばれる刃物で削っていきます。

SUS304の旋盤加工


職人さんがハンドルを手で目盛りを追いながら、目や耳や手に伝わる

振動や音などのいわゆる職人技で加工を行うのが「汎用旋盤」と言われる

機械です。

昨今では、NCによるコンピュータ化が進んでおり、こういった
汎用機を使える職人さんが減ってきておりますが、弊社では
まだまだ昭和の流れを引き継いでおります(笑)

もちろん、NC旋盤や少量多品種に向いているNC付き普通旋盤など
も弊社では設備しておりますので、お仕事お待ちいたしております!



2019年05月18日