部品加工屋のつぶやきブログ

横浜市にある小さな町工場のつぶやきブログです。
金属加工・プラスチック樹脂加工を少量多品種で行っております。
フライス加工・旋盤加工・研磨加工・ワイヤ放電加工・各種NC加工ならお任せください!

ブログ一覧

夏季休業のお知らせ

恐れ入りますが、2019年8月10日~2019年8月18日までお休みをさせていただきます。



猛暑ですね~。
しかし、時間の流れがとても早く感じます。



つい最近まで冬かと思ったら、気が付けばもう8月に突入しておりました(笑)


今年のGWも長かったですが、夏休みも長い!
小さな町工場には、正直辛いです。

 

まあ、特に連休の予定もありませんので適当に会社で過ごす日々なのかな~と。

しかし、日本も休みが多くなりました。

私が幼い頃は、父は土曜も出勤ですし、当然学校も土曜日は授業がありました

ので、休みの日曜日はものすご~く楽しみにしていた記憶があります。
祝祭日も現在よりも少なかったと思います。

こんなに休んで日本の将来は大丈夫なの?と個人的には思うのですが、

働き方改革という時代の流れには逆らえませんね。


景気が良くなることを祈るばかりです。

 

2019年08月01日

樹脂のフライス加工

6月の梅雨のシーズンに突入しましたね。
なんだか、湿気でジメジメとした暑さを感じます。
工場内は錆対策に追われる季節ですね~。


錆とは無縁のプラスチックの加工も切削にて行っております。
こちらはPOM(ポリアセタール)という樹脂です。
色は黒の他に白がございます。
材料メーカーによっては、デルリンとかジュラコンとも
呼ばれています。


フルバックにて6面フライス加工をしている画像です。

縦・横・厚み方向の寸法を精度良く出していきます。


6Fの材料取りが終わったら、フライス盤にて加工をしていきます。

画像は、汎用フライス盤にてドリル加工をするところです。




2019年06月17日

汎用旋盤


汎用普通旋盤

瀧澤鉄工所の汎用旋盤TSL-550です。
この機械は私と同い年なので、約半世紀近く稼働している

機械になります。

昭和~平成~令和と時代を生き抜いてきた戦友ですかね(笑)

旋盤は主に丸い部品を加工する際に使用致します。

丸材をチャックと呼ばれる部分で固定をして、その被削材を

主軸で回して、バイトと呼ばれる刃物で削っていきます。

SUS304の旋盤加工


職人さんがハンドルを手で目盛りを追いながら、目や耳や手に伝わる

振動や音などのいわゆる職人技で加工を行うのが「汎用旋盤」と言われる

機械です。

昨今では、NCによるコンピュータ化が進んでおり、こういった
汎用機を使える職人さんが減ってきておりますが、弊社では
まだまだ昭和の流れを引き継いでおります(笑)

もちろん、NC旋盤や少量多品種に向いているNC付き普通旋盤など
も弊社では設備しておりますので、お仕事お待ちいたしております!



2019年05月18日

GW連休のご案内

アルミ マシニングによる切削加工



~ ゴールデンウィーク連休お知らせ ~

4/27(土)~5/6(月)までお休みをさせていただきます。
恐れ入りますが、どうぞ宜しくお願い致します。




今年のゴールデンウィークは10連休なんですね。
実を言いますと、最近知りました(笑)。


こんなにお休みをした事が無いので、かなり不安です。
休みに慣れていないという事もありますが、日本の経済は
これでいいのかな?という疑問も感じます。

確かに、休みが多いのは人生においていいのかもしれませんが
うちのような小さな町工場が、他の大手会社さんと同じことを
していては体力が持たないであろうな~と、でも時代の流れには
逆らえないしと、色んな葛藤が入り混じって困惑するばかりです。

まあ、前向きに考えて、これからも弊社にできる事をコツコツと
まじめにやっていくしかないですね。


さて、お仕事がんばろう!



2019年04月15日

令和

ドリルやリーマーのスタンド

4月1日に新元号「令和」が発表されましたね。

まだ、ピンとこないですが、なかなかいい文字だと個人的には
思います。


なんにせよ、平和で豊かな時代になるといいですね!


さて、新年度が始まりました。
気持ちも新たに、お仕事頑張ってまいります。


2019年04月02日
» 続きを読む